簡単な表現を使うことが初心者の通訳のポイント!

PR| ビジネスチャンスに青山のシェアオフィス | 留学目的はビジネス横浜の英会話教室をお探しの方 |

最近、海外からの観光客も増えて、道の案内など英語を使う機会も増えていますよね。ちょっとでも英語がわかると、通訳をしなければいけない状況になることが度々あります。たぶん都会に住んでいる人や、外国人観光客が多い地域に住んでいる人は特にその経験があるのではと想像しています。

 

そんな時には自信がないと逃げてしまうそうですが、実は逃げるほどのことでもないと思います。スマホはいつも持ち歩いているので、それを使って翻訳アプリを使うなりすれば、片言でも一応は意思疎通がはかれるからです。
通訳と行ってしまうと身構えてしまいますが、機械と協力して伝える方法を見出すとなればハードルは低くなるのではないでしょうか。

 

通訳に必要なアプリのインストールが面倒臭ければ、Googleに直接日本語を言い、それを英語変換してもらうだけでも良いと思います。英単語が表示されれば、その外国人もそれで理解しれくれることがほとんどです。簡単な言葉を選べば誤解も少なく済むので、難解な言葉は避けるのがポイントです。そうすればいつでも通訳者になれます。

 

日本人は、多くの人が中学高校と6年以上英語を学んでいるので、ある程度簡単な案内ならや通訳なら出来るはずなのですが、いざその場になってみると伝えたいことが伝わらないという方も多いと思います。そこで、ちょっとした通訳や英語案内のコツをお伝えしたいと思います。

 

初心者が通訳や英語の案内をする時に心がけるべきことは、なるべく簡単な言葉で伝えるということです。どうしても、学校英語を学ぶと、難しい言葉を使う方がいいという風に思ってしまいがちで、そのような思考の癖がついています。実は、その癖が伝わらない原因になっている場合が多いです。

 

日常会話のちょっとしたことであれば、中学レベルの英語で十分伝わります。「S+V+O」の文とちょっとした付けたしくらいでほとんどのことを伝えることができます。文法も単語も、自分が知らない言葉、自信が無い言葉は使わないで知っているものを駆使することがスムーズなコミュニケーションのポイントです。通訳や案内の機会があれば是非意識してみてください。

PR|内職 アルバイト|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|オーディオ|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|初値予想|サプリメント||生命保険の選び方|女性向けエステ.com|童話|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の口コミ.COM|