読者の心を掴むブログ記事の構成と内容とは?

人々を惹きつけどんどん続きを読んでみたくなるブログ記事には、それ特有の構成の魅力が存在しているのは確かです。

結論からいけば、それらには結論を先にズバッと書きその理由や仕組みを詳細に説明する構成法と、結論を記事の最後まで引っ張り、そこまでに至る経緯や理由といった内容を説明する構成法との2つに大別されるでしょう。

いずれも記事全体としての面白さや惹き込む魅力に欠ければ、途中で読むのを飽きられてしまう危険性を持ち合わせていますが、文章力や構成力に長けたウェブライターは巧みにそれらを操り、結局は完読させてしまうテクニックを持っており、また日々そのテクニックを磨いているのです。

飽きられない為にも肝となるのは、あまりに専門分野あるいはうんちくに走り過ぎないという事です。誰でも興味を失わないまま最後まで読ませるには、それらの人々が頻繁に体験しているであろう日々の出来事やあるあるから記事の導入部を作り、その実例を記事の目的となる部分と対比させながらその利便性を強調し、読者の納得や同調を図ってゆくという段取りが大切となります。

これは特定の商品やサービスの紹介・PR記事を作成する際やSEOライティングをする際に特に重要な事であり、記事の導入から理屈っぽい専門分野の小難しい内容に持ち込めば、時間の無い多くの読者が離れてしまうという結果に終わってしまうのです。