人に英語を教える職業の責任感

英語を使う職業の中には、地元に腰を据えてできるものもあります。例えば、人に英語を教えるような職業です。学校の先生や塾講師、英会話スクールの講師もそれに当たります。

この時、やはり人より頭一つ抜けた言語力は必要になります。例えば塾なら、数学のように決まった答えではないため英作文の添削を行う必要があります。模範解答が載っていたとしても、「あなたの意見を書きなさい」などの問題であれば生徒は自分で答え合わせができません。これを正しく添削できるだけの能力、解説力がなければいけません。もしも間違ったことを教えたり、自信のなさから適当なことを言ってしまったら、それを入試本番で生徒が使う可能性があります。その1点が合否、ないしはその生徒の将来を左右してしまうこともあるので、教えるという責任は重大です。

学生時代英語がただ得意だった、というのでは十分ではなく、やはり理想はネイティブ並みの語学力があることでしょう。